Marketing Blog

マーケティングブログ

カテゴリー一覧

ランキング

タグ一覧

【印刷の基礎知識】オフセット印刷とは?オンデマンド印刷との違いも解説します

印刷 小売

企業の販促担当の方なら、チラシやDMを作ろうと考えたことが一度はあるのではないでしょうか。しかし、実際に印刷物を作るとなると、紙の種類や印刷の種類など、決めることがたくさんあって大変ですよね。

印刷物を作る際によく挙がる疑問のひとつに、「印刷方法の種類の違いがわからない」というものがあります。

そこで本記事では、主流の印刷方法であるオフセット印刷について、特徴やメリット・デメリットを解説します。当社で制作した印刷物の事例もご紹介しますので是非参考にしてください。

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは、版を使用した平版(へいはん)印刷のひとつです。写真や色の再現性に優れており、高品質で大量の印刷をスピーディーに行うことができます。書籍印刷、美術印刷、ポスターやチラシなど、現代の商業印刷の多くで利用されています。

オフセット印刷の仕組み

オフセット印刷は、高品質な印刷を大量にできるという特長がありますが、どのような仕組みで印刷が行われるのでしょうか。

印刷の構造

版につけられたインキをブランケットと呼ばれるゴムや樹脂製の転写ローラーにいったん転写し、そのブランケットを用紙に押し当てることによって印刷を行います。

この仕組みによって版がダイレクトに紙に触れないため、版の摩耗が起こりにくく、高品質な印刷を安定して持続することができるのです。

印刷機の種類

オフセット印刷の印刷機には、大きく分けて2つの種類があります。

①枚葉印刷機

枚葉印刷機は、断裁済みの用紙を1枚ずつ印刷する機械です。

1枚ずつ印刷するため、さまざまな大きさの用紙を選択できることや、1枚からの小ロットの印刷にも対応できることがメリットです。

②輪転印刷機

輪転印刷機は、ロール状になった長い用紙に一気に印刷を行う機械です。

印刷するだけでなく、機械上でインクの乾燥、用紙の折り、断裁まで完結して行うことができるように、生産性の高さが特長です。そのため、折り込みチラシや書籍など、大量の印刷を効率よく行えます。

オフセット印刷のメリット・デメリット

オフセット印刷には、向いている印刷物と向いていない印刷物があります。印刷物を作る際には、オフセット印刷のメリットとデメリットをしっかり把握したうえで印刷方式を選びましょう。

オフセット印刷のメリット

①低コストで大量生産が可能

オフセット印刷は版が摩耗しにくい仕組みのため、一度版を作ってしまえば安定した品質で大量に印刷することができます。大部数であればあるほど単価は下がるため、数千部以上の大量の印刷を行いたい場合にぴったりです。

②高品質な仕上がり

オフセット印刷は、必要な分量だけのインクが紙にしっかりと密着する仕組みであるため、シャープな仕上がりになります。イラストや写真、文字など、細部まで鮮明に表現することが可能です。

小さい文字はインクがにじむなどの理由で読みづらくなってしまいがちですが、オフセット印刷なら輪郭がシャープに印刷されるため、読みやすく仕上がります。

見やすさや鮮明さにこだわりたい場合には最適です。

③大きいサイズの印刷物にも対応

オフセット印刷の機械はそもそも物理的に大きいため、A0サイズなどの大きな用紙への印刷も可能です。会社や家庭の印刷機はA3程度までのサイズしか印刷できないものが多い一方で、オフセット印刷ならポスターなどの印刷も行えます。

オフセット印刷のデメリット

①製版に費用と時間がかかる

オフセット印刷は版を使う印刷方式です。そのため、まずは版を作る必要があります。版が必要ということは、製版のための作業費や作業時間がかかります。

費用は納期によっても変わるので、希望の枚数や納期でまずは見積もりをしてみましょう。

②多種少部数の印刷には不向き

製版に費用と時間がかかるからこそ、数百部未満程度の「小ロット」では単価が高くなり、トータルコストが割高になってしまいます。

少しでもデザインが違うとその版をまた新たに作らないといけないため、複数パターンのデザインを小部数ずつ作りたい場合には向きません。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷とよく比較される印刷方式が、オンデマンド印刷です。

オフセット印刷は版を使っているのに対し、オンデマンド印刷では版を使いません。製版の必要がないため、そのぶん納期を短縮できたり、小ロットの印刷ができたりといったメリットがあります。

「オンデマンド」とは、直訳すると「要求に応じて」という意味です。その言葉が表すように、オンデマンド印刷は目的にあわせて柔軟な対応が可能な印刷方法です。

オフセット印刷オンデマンド印刷
費用大ロットで低コスト
小ロットで高コスト
大ロットで高コスト
小ロットで低コスト
納期長い短い
品質高精度高品質多少劣る(一般的な印刷では遜色ない程度)
サイズA0など大きいサイズの印刷も可能A3までの場合が多い
向いている印刷物大ロット(1000部以上)の場合
サイズが大きい場合(ポスターなど)
ページ数が多い場合(カタログなど)
品質が重要な場合(写真集など
小ロット(1000部未満)の場合
短納期で印刷する必要がある場合
デザインを複数パターン作りたい場合(送り先ごとに宛名を変える必要があるダイレクトメールなど)

必要な枚数、希望の納期や予算をもとに、最適な印刷方法を選びましょう。また、品質、費用、納期などの要素のうち何の優先度が高いかということも、印刷方法の選択においては重要です。

オフセット印刷で作れる商品例

オフセット印刷では、以下のような印刷物を作ることが可能です。

DM

パンフレット

チラシ

これらは全てあけぼの印刷社で手がけた印刷物の事例です。

オフセット印刷では、ページ数やデザインの細かさにかかわらず、幅広いタイプの印刷物を作ることが可能です。特に、大量に印刷したい場合や、写真集など品質が重要な場合は、オフセット印刷を選ぶといいでしょう。

オフセット印刷なら、あけぼの印刷社にご相談ください

あけぼの印刷社では巨大輪転機を保有しており、高品質な印刷をスピーディーに行うことが可能です。また当社では、印刷工程のみに限らず、印刷物を使用した施策を一気通貫で請け負うことも可能です。印刷物のデザインから発送まで、印刷物を使った販促企画の設計から運用までなど、多くの実績があります。

お客様からは、

「印刷だけでなく、デザインから構成、写真撮影まで対応いただけたので助かりました」

「『こうしたらもっと良くなりますよ』とご提案の上、形にしていただいたので、納得しながら進められました」

などのお声をいただいています。

印刷や印刷物を使った販促企画のご相談は、創業70年の実績ある当社にお任せください。

◎関連記事

【印刷の基礎知識】バリアブル印刷とは?デジタル時代の印刷方法について解説します | あけぼの印刷社 (akebono-print.co.jp)

あけぼの印刷社『マーケティング支援事例集』

あけぼの印刷社では、Web広告の運用だけでなく企画・実行・分析までの一連の流れを代行するWebマーケティング支援を行っています。

本書では、あけぼの印刷社が実際に行っているマーケティング支援の事例を紹介しています。ビジネスや業務のお悩みについて、どんなお手伝いができるかをお客様に知っていただくために制作しました。


採用情報

Recruit
あけぼの印刷社の未来を創るのは「人」です

お問い合わせ

Contact Us
ご相談・お見積り等、まずはお気軽にお問合せください