Marketing Blog

マーケティングブログ

対応はお済みですか?4月1日から「総額表示」が義務化されます

お知らせ 小売

小売店や飲食店など、消費者向けに事業を展開されている皆さま、商品の総額表示への対応はお済みでしょうか。

ご存じの方が殆どかと思いますが、商品・サービスの価格に消費税分を加えた「総額表示」が4月1日から義務化されます。

これにより、値札や陳列棚、チラシ・ポスターはもちろん、新聞広告や商品パッケージまで、消費税を含めた金額を表示しなければなりません。

2019年10月発令の特例により猶予されていましたが、対応するのを失念していたという方のために、今回は総額表示の義務化について解説します。

総額表示義務化とは

「総額表示」の一例

「総額表示」は、消費者に商品販売・サービス提供を行う課税事業者が、値札やチラシなどに消費税額(地方消費税も同様)を含めた価格を表示することです。

小売段階の価格表示において、この総額表示が義務付けられます。

2019年の消費税引上げに際し、事業者による値札の貼り替え等の事務負担に配慮する観点から、特例として2019年10月1日から2021年3月31日までの間、「現に表示する価格が税込価格であると誤認されないための措置」を講じていれば総額表示でなくても良いとされていましたが、2021年4月1日からは義務となります。

総額表示の対象

商品本体による表示(商品に添付・貼付される値札など)、店頭における表示、チラシ、新聞・テレビによる広告など、消費者に対して行われる価格表示であれば、どのような媒体であるかを問わず、総額表示が義務付けられます。

引用:消費税における「総額表示方式」の概要とその特例|財務省

総額表示の具体例

以下に例を示します。支払総額である「11,000円」が表示されていれば、消費税額や税抜価格が記載されていても問題ありません。

消費税額を含んだ価格が表示されていれば良いため「10,000円(税込11,000円)」といった表示も「総額表示」に該当します。

まとめ:「総額表示」に対応しましょう

2021年4月1日からの義務化前に「総額表示」への切り替えが必要となります。会社・店舗として表示ルールを定め、値札やPOP、チラシ上での表記を修正しましょう。

なお、人手不足で切り替えの対応が難しいという場合には、弊社で業務のアウトソーシングが可能です。印刷・断裁・仕分けなどの手間の削減、当社工場を物流拠点とした複数店舗への配送など、幅広く対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

▼「総額表示」への対応についてご相談はこちらから
https://www.akebono-print.co.jp/contact/

【小売店向け資料】『お客様起点で考える店づくり、売り場づくり』

本資料では、15年にわたって大型小売店の店長や販売促進部門を歴任した販売コンサルタントが、自身の長年のキャリアで実践してきた事例とともに、お客様に愛される店舗を作るための考え方を伝授します。

・売り上げが伸び悩み、業績を回復させたい
・近隣に小売店が密集しており、他店との差別化を図りたい

といったお悩みを抱えている方は、ぜひお手に取ってみてください。

あけぼの印刷社『サービスカタログ』

株式会社あけぼの印刷社の会社案内資料です。
チラシやPOP、パネルやタペストリーなどを制作する「集客・販促支援」と、Web広告やWebと紙を組み合わせた「マーケティング支援」など、弊社が提供する各種サービスの独自の強み・特徴を記しました。
あけぼの印刷社が作る印刷物や、支援する内容について知りたい方にオススメです。

あけぼの印刷社『マーケティング支援事例集』

あけぼの印刷社では、Web広告の運用だけでなく企画・実行・分析までの一連の流れを代行するWebマーケティング支援を行っています。

本書では、あけぼの印刷社が実際に行っているマーケティング支援の事例を紹介しています。ビジネスや業務のお悩みについて、どんなお手伝いができるかをお客様に知っていただくために制作しました。


採用情報

Recruit
あけぼの印刷社の未来を創るのは「人」です

お問い合わせ

Contact Us
ご相談・お見積り等、まずはお気軽にお問合せください